出産する時は迷惑をかけて良しだと思います

私が人生で最も恥を捨てた日は、出産した一晩です。
この日ばかりは本能でしか行動してませんでした。
陣痛を迎え、私が陣痛室に入った時はすでに
先の妊婦さんが何組か陣痛に耐えていました。

その陣痛室は個室ではないため、
妊婦さんの声がまる聞こえです。
なかには大きな声で叫ぶ人もいて、
そんなに大きな声出すなんて恥ずかしいと渡は思っていました。

しかし、私の陣痛が激しくなると
私も他の妊婦さんのように叫ぶようになりました。
もう、恥を捨ててとにかく痛がり、
泣いたり、吐きそうになったり、
ワガママ言ったりとやりたい放題でした。

今まで丁寧語で喋っていた助産師さん達にさえ、
その日はタメ口で「もうだめ..。」と弱音を言ってました。

そんな本能剥き出しの私でしたけど、それで良いと思います。
助産師さんだって出産が大変なのを分かってくれてます。
妊婦さんがみんなそうなんだから、
陣痛で痛かったら素直に叫ぶなり
泣くなりなんでもやって良いと思いますよ。


トップページに「ジュンビ―のピンクゼリー女の子産み分けなら」戻る