ピンクゼリー産み分け以外の情報

ピンクゼリー産み分け以外の情報
1.ピンクゼリーで不妊になるのか? 
2.ピンクゼリーとダウン症は関係なし



1.ピンクゼリーで不妊になるのか? 
「ピンクゼリーで不妊になるの?」についてですが、ネット上には様々な噂があるものの本当です。

ピンクゼリーで産み分けする事に比例して、女性が妊娠する確率は減ります。

ピンクゼリーを排卵日2日前に実行する事で、精子の数が明らかに減少します。

女の赤ちゃんが欲しいケースで、ピンクゼリーを排卵日2日前に利用します。

これは女の子に形成されるX精子の命の長さが2〜3日位なのに対し、男へと構築されるY精子が僅か1日ほどだからです。

排卵日2日前にピンクゼリーを使い、Y精子が下がった状況下で排卵日へと入る事で、X精子を受精する可能性が高まる訳です。

受精とは健康な精子達が同時に揃って泳ぎ出します。

その中で卵子へと1番初めに到着した優秀な精子だけが出来る、重要な生命の競争種目です。

限られた命や、各々の精子自体が持っている性質で運命が左右される為、中々ゴールイン出来ない状態です。

妊活へと順調に取り組めていても、理想通りに必ずしも懐妊出来る訳ではないんです。



2.ピンクゼリーとダウン症は関係なし
ピンクゼリーでダウン症の子供が産まれたとの報告はなく、
結論から言えばピンクゼリーとダウン症は全く関係ありません。

その理由は、ダウン症などの障害を持って生まれる子供は
染色体異常や遺伝子変異が原因だからです。
また、出産前に母体が事故などを起こして胎児の脳に影響がある、
出産後に感染症にかかって障害を持つなどもあります。

一方でピンクゼリーの成分は精製水や保湿成分などです。
これらの成分は染色体異常を起こすほどの劇薬ではありません。
また、精子がこれらの成分に影響されてて異変を起こす事もありません。

また、ピンクゼリーは産婦人科医と共同開発しています。
出産に携わる医師が染色体異常を起こす恐れがある成分を使うのを黙認するなんて考えられませんよね。
さらに厚生労働省が指定した第三者機関の審査も受けてるため、品質に問題はありません。

つまり、ピンクゼリーを利用したからといってダウン症を持つ子供が生まれるとは言えないのです。

ピンクゼリーの購入は下記からどうぞ。