ピンクゼリー産み分け以外の情報

ピンクゼリー産み分け以外の情報
1.ピンクゼリーで不妊になるのか? 

1.ピンクゼリーで不妊になるのか? 
「ピンクゼリーで不妊になるの?」についてですが、ネット上には様々な噂があるものの本当です。

ピンクゼリーで産み分けする事に比例して、女性が妊娠する確率は減ります。

ピンクゼリーを排卵日2日前に実行する事で、精子の数が明らかに減少します。

女の赤ちゃんが欲しいケースで、ピンクゼリーを排卵日2日前に利用します。

これは女の子に形成されるX精子の命の長さが2〜3日位なのに対し、男へと構築されるY精子が僅か1日ほどだからです。

排卵日2日前にピンクゼリーを使い、Y精子が下がった状況下で排卵日へと入る事で、X精子を受精する可能性が高まる訳です。

受精とは健康な精子達が同時に揃って泳ぎ出します。

その中で卵子へと1番初めに到着した優秀な精子だけが出来る、重要な生命の競争種目です。

限られた命や、各々の精子自体が持っている性質で運命が左右される為、中々ゴールイン出来ない状態です。

妊活へと順調に取り組めていても、理想通りに必ずしも懐妊出来る訳ではないんです。