出産 痛み 耐え方

出産した時の痛みと耐え方

出産は痛いとは言うけど、
本当に耐え切れないぐらい痛いです。
そして、それに耐える方法はないと思います。

私は子供を2人産みましたが、
2回とも痛たかったです。
経産婦は出産が1回目より楽とは言いますが、
痛さは1人目と変わりません。

陣痛の痛さと出産の痛さを耐える方法はないのですが、
気持ちの持ちようでなんとかなります。
その気持ちとは、陣痛が来ちゃったから産むしかないです。

乗り切るためには、もう早く産んじゃうしかないんですよね。
痛いのはしょうがない、
いつかは終わる痛みだと腹をくくるんです。

そうすると、歩けるうちは歩いて赤ちゃんが下に行きやすいようにしようとか、
食べれるうちに食べようとか、力む時は体力がなくなってても
思いっ切り力もうとか前向きに考えられます。

痛みに耐えるのではなく、
早く産み出すのに力が入ると出産の時に避けられない痛みと戦えます。
もちろん出産の痛みがなくなる訳ではないですし、
出産の時間が減る訳ではないのですが、気持ちが楽になります。






トップページに「ジュンビ―のピンクゼリー女の子産み分けなら」戻る

 

サイトマップ