鼻からスイカは嘘?!例えようのない出産の痛み

よく出産は鼻からスイカが出てくるような痛さだよ。
って、私も周りから何度か聞かされていました。
だけど鼻からスイカなんて出た事もないし、
想像出来ませんでした。

初めての出産では全く実感がなくて、
陣痛がきても「あぁ、こんなものかぁ。なんとか乗り切れそうだな」と
思いながら過ごしていたのですが、
痛みの感覚が狭くなっていくにつれ、痛みも増してきて、
今まで感じた事のないような痛みが襲ってきたのです。

次第に立つ事も出来なくなったので、
分娩室には車椅子を使って移動させてもらいました。
分娩台に乗ってからの記憶はあまりなく、
とにかく助産師さんの指示通りにするのが精一杯だったと思います。

痛すぎて、鼻からスイカどころじゃない!
とにかく帝王切開でもいいから早く出してくれ〜って感じで、
子どもみたいに痛い痛い!とバタバタしていた記憶があります。

何度かいきんで、やっと赤ちゃんと会えたのですが、
感動というよりやっと痛みから解放される。
という気持ちの方が大きかったと思います。
もちろん産まれた時の光景だけは忘れられないほどに嬉しかったのですが…。

この痛みはどんなものにも例えようのないものでした。

トップページに「ジュンビ―のピンクゼリー女の子産み分けなら」戻る