子供の性別は出産してからでないとわからない

病院によっては出産前に赤ちゃんの性別を教えてくれる所もあります。
しかしこれは100パーセント正確というわけではありません。
つまり間違えることもあるということです。

エコー写真を元に性別を判別するのですが、
赤ちゃんの体勢や角度によってわかりずらいことも多いです。
そのため隠れていただけで、実は男の子だったということもあります。

今の医療機器は性能が上がっているといっても
このようなことはあるのです。
そのため赤ちゃんの性別は生まれてみないとわからないのです。

これを理解していないと、出産後に性別が違うことに驚いたり、
戸惑うことがあります。

また準備していたものが合わないということもあるのです。
そのため出産前に準備するものは性別に関係なく
使えるものを準備するのがオススメです。

赤ちゃん用品は出産後も買うので、
性別に合ったものを買うのは出産後にしましょう。
出産前に聞く性別は参考程度に考え、
本当の性別は赤ちゃんに会ってからのお楽しみということです。

トップページに「ジュンビ―のピンクゼリー女の子産み分けなら」戻る