血が苦手な夫は立ち合い出産に向いてない

出産は夫婦にとって特別な瞬間です。
そのため立ち合い出産を希望する夫婦も少なくありません。
しかし立ち合い出産に向いていない夫も中にはいるようです。

立ち合い出産は出産の瞬間を夫は見ることになります。
つまり出産の時の大量の出血も見ることになるのです。
そのため血が苦手な人はその出血に驚き具合を悪くしたり、
倒れてしまう場合もあります。

それは奥さんにも不甲斐ない姿を見られてしまいます。
また助産師さんの仕事も増やしてしまうのです。
そのため事前に血が苦手なことも含めて
奥さんには正直な気持ちを伝えるようにしましょう。

立ち合い出産でなくても陣痛の時のサポートはできるので
心配することはありません。
大切なのは自分のできる範囲のことを
全力でしてサポートすることなのです。
お互いの負担にならないように
夫婦で立ち合い出産に向いているのかしっかり考えてみるのがいいと思います。
そして夫婦で出産や子育てについての意見を深めましょう。

トップページに「ジュンビ―のピンクゼリー女の子産み分けなら」戻る