赤ちゃん 生れる時 自分で決める

赤ちゃんは生まれてくる時を自分で決める

1人目は19歳の時、
2人目、3人目を35歳、36歳の年子で出産し
きっとこれで産み納め?(笑)
の4人目を2ヶ月前の38歳で出産しました。

まだ小さい子が2人いてる生活はハードで、
毎日の公園や買い物、家事や自転車の運転など
世間一般で言われる「妊婦」の生活は到底できません。
その結果32週で切迫早産という診断で入院になってしまいました。。

夫が会社を休んで毎日子供達の世話をするわけにもいかず、
遠い奄美大島から義母に来てもらいました。
子供達は環境の変化で精神不安定のためか
チックが出てしまうなど全てが大変でした。

こんなことになるなら家事など手抜きして、
ゆったり過ごしとけばよかった!と何度思ったことがしれません。

そんな中すごいなぁと思ったのはお腹の中の赤ちゃんのこと。

赤ちゃんは生まれたい時に産まれてくるとよく言いますがまさに実感!
子宮口も開いてて安静を言い渡された入院中、
「お姉ちゃん達も寂しがってるからまだ産まれるの少し待ってね。
いい子にしててね。」と話しかけた結果、
なんと子宮口は閉じ、退院することができたんです!

そして36週6日、陣痛のような感じがして病院へ。
(今日産まれたら早産やからもうちょっと粘って〜)と願った結果、
なんと日付変わって37週の正期産に入ってすぐに産気づきスピード出産となりました。

バッタバタで色んなことがあった4人目ちゃん。
よく、「4人目やから慣れたもんやろ〜」なんて言われましたが、
出産は本当に一人一人違うもの。
何が起こるかわかりません。

何事もなく無事に出産することは奇跡だと思います。

そしてお腹の赤ちゃんは周りの声をよく聞いています。
できる限りお母さんの望みを聞き入れて、
産まれる準備が整ったら陣痛を起こして産まれてくるのです。
若い時には考えることもなかったこと、
高齢出産してよかったなぁと思っています!




トップページに「ジュンビ―のピンクゼリー女の子産み分けなら」戻る

 

サイトマップ